アクセスアップにリライトが効果的な理由と初心者でも出来るテクニックを紹介します

まりこです。
こんにちは。

頑張って記事を書いているのになかなかアクセスが集まらない

そんな悩みを持っていませんか?

記事を頑張って100記事書いたのに、どうしても上位表示されないと悩んでいる人は本当に多いです。
実はちょっとした作業をするだけで、アクセスがグッと多くなることがあるんです。

それは

「記事のリライト」

です。

リライトとは?
一度書いた記事を書きなおすことです。
正確には記事を書いた人以外の人が書き直すことですが、便宜上記事を書いた本人が書き直すこともリライトと呼んでいます。

リライトはアクセスアップに非常に有効な手段です。
でも、それを知っている人は非常にすくないのが現実ですね。
だから記事を書いたら書きっぱなし。
それではなかなかアクセスは集まりません。

特に資産型ブログではある程度記事数が揃えば後は簡単なメンテナンスをするだけで、継続して成果が出るって言われていますよね。
その「簡単なメンテナンス」のひとつが「記事のリライト」なんですね。

今回は「記事のリライト」について紹介したいと思います。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

記事のリライトは、記事数が50件以上になってから考えればOKです。

だから記事数が少ない場合は気にせずに記事を書いていきましょう。

なぜ記事のリライトがアクセスアップにつながるのか?

記事のリライトとは、記事の内容やタイトルを見直して書き直すことですね。
冒頭にも書きましたが、記事は一度書いてそのまま放置していてもなかなかアクセスは集まりません。
定期的にリライトするなどメンテナンスが必要になります。

では、なぜリライトすることでアクセスがアップするのでしょうか?

その前に、なぜアクセスが集まらないのか理解しておく必要があります。
アクセスは「キーワード」を意識しておけば、少なくとも検索結果の2~3ページには自分のブログが出てくるはずです。
でも、それ以上上がらないということは、何かしら原因があるということですね。

Googleなどの検索サイトが上位表示させるブログに必要な条件で一番重要なの「価値がある記事である」ということです。
つまり、なかなか上位表示されないということは、あなたの書いた記事は「価値がない」とGoogleに判断されてしまっているということです。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

もちろん、まだ新しいブログの場合は価値があってもなかなか上位表示されませんよ

では、なぜ価値がないと判断されてしまうのでしょうか?

  • 記事のタイトルと記事の内容が一致しない
  • 記事が読みにくい
  • 記事が面白くない
  • 他のサイトと内容が同じ
  • 情報が古い
  • スマホ対応されていない
  • こそあど言葉が多い
  • 記事の文字数が少なすぎる

他にも上げればたくさんありますが、大まかに上げるとこんなかんじですね。

逆に考えると、上記のポイントを意識してリライトすれば、Googleから「あなたの記事は価値があるね」と判断してもらうことが出来きます。
また、リライトすることで「このブログは常に適切な情報をユーザーに提供しようとしているんだな」とも思ってもらえます。
このようにGoogleにいい印象を持ってもらえれば、今よりも上位表示させることが出来るわけです。
そして、上位表示されるということは、アクセスアップにつながるということでもあります。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

上位表示されるかどうかは単純に記事数とかでは決まらないということですね

記事が面白くないってどうやって判断しているのか?

先ほどのリストに「記事が面白くない」とか「記事が読みにくい」ってありましたが、Googleはどうやって判断しているのでしょうか?
もちろんGoogleの人が実際に記事を読んで判断しているわけではありません。
その判断方法は、アクセスしてきた人の「滞在時間」で判断されます。

例えば、文字数が5000文字くらいの記事なら、読むのに2、3分かかりますよね。
もしあなたがその記事を読み始めてみて「この記事つまらないな」って思ったら、最後まで読みますか?
読みませんよね。
つまり、文字数に対して別のサイトに移る時間が異常に短い場合、その記事は「つまらない=価値がない」と判断されてしまうわけです。

逆にその記事がすごく面白かったとしたらどうでしょうか?
他の記事も読んでみたいなって思いますよね。
ということは、そのブログ自体の滞在時間が長くなります。
つまり、ブログの滞在時間が長いということは、その記事(ブログ)は「面白い=価値がある」と判断してくれるというわけです。

もちろん、滞在時間がすべてではありませんが、重要な指標になっていることは確かです。

記事のリライトはいつやればいいの?

一般的に記事のリライトは、記事を書いてから3か月後がいいなんて言われています。
でも、私の経験では、もっと早い段階でリライトしても十分に効果は出ると思っています。
実際に私は記事を書いた翌週に先週書いた記事を読み直してみて、違和感のある部分をリライトしています。
それで、通常なら3か月くらい記事を書かないと上位表示されないと言われていても、1か月ちょっとで上位表示されたこともあります。
後ほど紹介しますが、記事のリライトと言っても記事全部を書き直す必要はありませんので、ちょっと時間が出来たときに記事を読み直してみるといいと思います。

ただ、記事数があまりにも少ない状態でリライトしても効果は少ないので、ブログの記事が30記事ほどになったころからリライトを始めるといいと思います。

記事をリライトするポイントはこれ

では、具体的に記事をリライトするときのポイントを紹介します。

  • サーチコンソールでリライト対象記事をピックアップする
  • ライバルサイトのチェック
  • サブキーワードをピックアップする
  • 記事の目的を明確にする
  • 読みやすさを重視して記事を見直す

では、それぞれ詳しく見ていきたいと思います。

サーチコンソールでリライト対象記事をピックアップする

アフィリエイトを行うならサーチコンソールは必ず登録しましょう。
まだ登録していない方はすぐに登録してくださいね。
登録方法は「サーチコンソール 登録」と検索すれば出てきます。
重要なのは「自分で調べてみる」ですよ。

ブログの記事が増えてくると、サーチコンソールでいろんなデータを見ることが出来ます。
その中に「どんなキーワードで検索されたか」というデータがあります。
それを見ると「表示回数」と「掲載順位」が出ています。

その中で「検索順位」が10位から40位の記事をピックアップしてください。
そしてその中から表示回数が多い記事がリライト対象記事になります。

表示回数というのは、検索結果として画面に表示された件数です。
つまり、検索結果には表示されたのに、読んでもらえなかった記事となります。
そういう記事をリライトすることで、記事を読んでもらえる可能性が高くなりますし、さらに上位表示される可能性も高くなるというわけです。

ライバルサイトのチェック

リライトする記事がピックアップできたら、次にライバルサイトのチェックをします。
ライバルサイトはあなたの記事よりも上位に表示されている記事ですね。

あなたの記事よりも上位に表示されるということは、あなたの記事に足りないものがライバルサイトにはあるということです。
「上位表示されるサイトには上位表示されるための理由がある」ということですね。
ライバルチェックすることで、その理由を見るけるわけです。

チェックする内容は

  • 記事の構成
  • 見出しの内容
  • 書き出しの問題定義内容
  • 記事の目的

ですね。

特に重要なのは記事の書き出しです。

記事の書き出しとは、この記事でいうと目次の前にある文章ですね。
記事にアクセスしてきた人は、最初に記事の書き出しを読みます。
その書き出しを読んで「この記事は面白そう」とか「この記事を読めば自分の悩みが解決できそう」って思ってもらえてはじめて記事本文を読んでもらえます。
つまり、記事の書き出しがつまらなければ、その記事は読んでもらえないと思った方がいいでしょう。

そして上位表示される記事は例外なく記事の書き出しが非常に上手です。
そういうテクニックを盗むということですね。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

盗むと言っても、記事の内容をそのままコピペしちゃダメですよ。

サブキーワードをピックアップする

次にサブキーワードをピックアップします。
メインキーワードは明確になっていると思いますが、サブキーワードがあやふやだったり、需要が無いキーワードだったりする場合が多いですね。

そこで、サブキーワードを見直してみて、もしより適したサブキーワードがあれば、記事のタイトルや見出しをリライトしてみましょう。

需要のあるサブキーワードは「共起語検索ツール」が便利ですよ。

参考 おすすめツールNeo Inspiration

記事の目的を明確にする

初心者の方に多い失敗が、記事の目的があやふやになってしまうことです。
それは、その記事でなにを言いたいのかということがはっきりしないということです。

記事を書いていくと、話がどんどんと脱線してしまい、途中で違う話題になってしまうこともよくあります。
個人の日記ブログであれば、それはそれでよいのですが、あなたが書いているのはアフィリエイトの為のブログです。
アフィリエイトのブログに必要なことは「その記事で何を言いたいのか」ということを最初から最後までブレずに書くことですね。

これって記事を書いている時は分かりにくいんですよ。
でも、時間を置いてから読み直してみると「あれ、最初と最後で内容が変わっているな」って気が付くことが出来ます。

ブログの記事の場合は、いわゆる「起承転結」よりも「問題定義⇒結論⇒その理由⇒補足」という流れの方がいいと私は思っています。
今回の記事でも

問題定義:アクセスがなかなか集まらない悩みを持っていませんか?
結  論:リライトが効果的ですよ
その理由:なぜならリライトすることでアクセスがアップするんです。その理由は○○です。
補  足:リライトする方法を紹介します

という流れになっていますよね。
こんな感じの流れの方が最初から最後まで読んでもらえる可能性が高くなります。

よくある失敗が結論を一番最後に持ってきてしまうことです。
テレビ番組でもよく使われる手法ですね。
「クイズの答えは番組の最後で」
というやつです。

これってはっきり言ってブログの記事で同じことをやると「なかなか結論が出てこないから別の記事を読もう」って思われてしまうのがオチですからね。

読みやすさを重視して記事を見直す

これも読者の滞在時間を延ばすためのテクニックです。
ときどきこんな記事ありませんか?

  • 漢字ばかりで読みにくい
  • 改行がなくて読みにくい
  • 句読点がすくなくて読みにくい
  • 文字が小さくて読みにくい
  • 誤字脱字ばかりで読みにくい
  • 専門用語ばかりで読みにくい
  • ツイッターの引用ばかりで読みにくい
  • 文字色と背景画像が重なって読みにくい
  • 広告ばかりで読みにくい

こういう記事はすぐに別のブログに移られてしまいます。
つまり、滞在時間が短くなってしまうので、Googleから「あなたのブログは価値がないです」と烙印を押されてしまうわけですね。

読みやすい記事というのは上記の逆だと思ってもらえばOKです。

  • 漢字とひらがなのバランスがいい
  • 適度に改行が入っている
  • 適度に句読点が入っている
  • 文字が適度に大きくて読みやすい
  • 誤字脱字が少ない
  • 過度な専門用語は使わない(使っても解説がある)
  • 無用な引用はしない
  • 背景に画像は使わない
  • 背景色と文字色は違いを明確にする
  • 広告は適材適所に設置する

こういうのをちょっと意識するだけで、記事の読みやすさはグッと高くなります。
記事を書くときのコツは「中学生っでも理解できる文章」です。
専門用語を必要以上に使ったり、むずかしい言葉やむずかしい漢字を使いすぎるのは読みにくくします。

例えば上記の文章を漢字を多くしてみます。

漢字が多い文章例
専門用語を必要以上に使ったり、難しい言葉や難しい漢字を使い過ぎるのは読み難くします
漢字と仮名のバランスが良い
専門用語を必要以上に使ったり、むずかしい言葉やむずかしい漢字を使いすぎるのは読みにくくします

どうでしょうか?
後者の方がよみやすいですよね。また、読みやすいポイントを箇条書きにしていますが、これも改行を使わないとどうなるかというと

改行がない文章
漢字とひらがなのバランスがいい、適度に改行が入っている、適度に句読点が入っている、文字が適度に大きくて読みやすい、誤字脱字が少ない、過度な専門用語は使わない(使っても解説がある)、無用な引用はしない、背景に画像は使わない、背景色と文字色は違いを明確にする、広告は適材適所に設置する
改行がある文章
漢字とひらがなのバランスがいい
適度に改行が入っている
適度に句読点が入っている
文字が適度に大きくて読みやすい
誤字脱字が少ない
過度な専門用語は使わない(使っても解説がある)
無用な引用はしない
背景に画像は使わない
背景色と文字色は違いを明確にする
広告は適材適所に設置する

どうですか?
すごく読みにくいですよね。

この例のような改行のほとんどない記事は意外と多いんですよね。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

こういうポイントを踏まえてリライトしてみましょう。

リライトするときの注意点とは?

リライトするときの注意点は

文章全体をリライトしすぎないこと
リライトしたGoogleに通知すること

という点です。

文章全体をリライトしすぎないこと

記事を読み直してみると、記事全部を書き直したくなってくることもあります。
というか、私はいつもそうなんですけどね。

でも、リライトするのは下記のうち1つくらいにしておきましょう。

  • 全体の4分の1くらい
  • タイトルと見出し
  • 書き出し

これも明確な基準はありませんが、経験上記事を丸ごとリライトしてしまうと、あまり効果が出ないことが多いです。
それよりも、今日はタイトルと見出しをリライトして、来週は書き出しをリライトしようというように、小分けにしてリライトしたほうがいいと思います。
その方がGoogleからも「このブログは頻繁に更新しているな」と良い印象を持ってもらうことができます。

リライトしたらGoogleに通知すること

リライトしたらサーチコンソールで「URLの検査」を使ってGoogleに更新したことを通知しましょう。
もちろん通知しなくても待っていればクローラーが定期的にチェックしていますので、更新を知らせることが出来ます。
ですが、こちらから更新を通知してあげることで、より早く上位表示させることが出来るようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
記事を書くコツを紹介しているサイトはたくさんありますが、記事のリライトについて触れているサイトはあまりないと思います。
ですが、効果は絶大ですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

また、リライトをすることで自分の記事に足りないことが明確になりますので、記事を書くスキルも自然と上がっていきますよ。

以上ですが、参考になれば幸いです。
まりこでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です