アフィリエイトのブログ記事を書くことが苦痛な人へ

まりこです。
こんにちは。

今回はブログの記事を書くのが苦痛で長続きしないって人にぜひ読んでもらいたい内容となっています。

アフィリエイトを行う上で必須なのが「ブログ」ですよね。
ブログで記事を書くことでそこからお客さんを集めるわけですから、記事を書くことがアフィリエイトで一番時間をかける作業となっています。

でも、アフィリエイトで挫折してしまう原因の一番が「ブログの記事を書くのが苦痛だった」ということです。
今回はブログの記事を書くのが苦痛にならない私なりの思考を紹介したいと思います。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

私も最初は記事を書くのがすごく苦痛でした・・・

なぜブログの記事を書くのが苦痛なのか?

ブログの記事を書くのが苦痛に感じるのは2つの原因があります。

  • 記事のネタがない
  • 上手な記事を書けない

では、それぞれ解説してみたいと思います。

記事のネタがない

記事を書くネタがあるときは楽しく書けていたのに、ネタがなくなってきたら苦痛になってきた

こう感じる人が多いと思います。
実はわたしもアフィリエイトを始めたときはまさにその状態でした。

人の知識なんてたかが知れています。
だから今ある知識だけを使っても5記事位書いたところでネタが尽きてしまうわけですね。

とくに日記的なブログで記事を書くのであれば、日々の出来事を書いていけばいいのですが、アフィリエイトのブログとなるとそういう訳にはいきません。
だから、あれこれ一生懸命記事のネタを考えるのですが、なかなか頭に浮かんできません。
そうなると、毎日記事を書いていたのが、2日に1回、3日に1回とどんどんと記事を書く頻度が減っていってしまい、最終的には自然消滅してしまいます。

他の人のブログを見てみると毎日のように更新されて、しかも何十という記事が書かれている。
そういうのを見てしまうと「やっぱり自分には無理なんだ・・・」と心が折れてしまうわけです。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

知識がないのが原因なら対応も簡単なですよ!!

では、どうすればいいのでしょうか?

100記事とか200記事とかとんでもない数の記事を書いている人いますよね。
ブログではありませんが、メルマガで有名な「 川島 和正 」さんなんかは、本当に毎日メルマガを配信しています。
メルマガを配信できなかったのは、世界中を旅行しているときにネット環境のないホテルに泊まった時だけ。
その川島さんでもメルマガのネタが泉のように湧き出てくるわけではありません。
そこには毎日メルマガを書くための秘策があるんです。

その秘策とは

インプットしたものをアウトプットする

ということです。

川島さんといえでもメルマガのネタすべてが頭の中にあるわけではありません。
ではなぜ毎日メルマガを書けるのかというと、メルマガのネタを常にインプットしていて、それをメルマガとしてアウトプットしているのです。

つまり、

知識がないのなら知識を仕入れてそれを記事にすればいい

ということです。

これってごく当たり前のことなんですよね。
大学の教授だって生まれた瞬間からあれだけの知識を持っていたわけではありませんよね。
地道に勉強したことを頭の中にインプットして、それを生徒などにアウトプットしているだけなんです。

私も新しい商品をアフィリエイトするときは、その商品に対する知識があるわけではありません。
その商品に関する知識を勉強して自分の頭にインプットしたことをブログの記事にアウトプットしています。

それでいいんですよ。
なにも今自分が持っている知識だけしか記事にしてはいけないなんてルールはありません。
インプットしたらアウトプットする
インプットしたらアウトプットする
これを繰り返していけば、記事のネタに困ることはほぼありません。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

インプットといってもどうやってインプットすればいいのでしょうか?

では、何を使ってインプットするのか?という疑問が出てくるともいます。
それは「書籍」ですね。
ブックオフなどの中古屋さんに行けば、いろんな本が安く手に入りますし、図書館に行けば無料で膨大な本を借りることができます。
そういう書籍を使ってインプットすればいいんです。

ネットでもいいのですが、ネットには間違った情報も出回っています。
でも、書籍であれば少なくとも専門家が調査していますので、明らかに間違った情報はありません。
情報の正確性という観点でも書籍は非常にすぐれていますね。

ちなみに、書籍を使ってインプットするといっても、書籍の文章をそのままコピペしてはダメですよ。
インプットするのは情報です。
その情報を自分の頭の中で整理して、自分の言葉としてアウトプットしてくださいね。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

わたしも図書館の常連さんです!!

上手な記事を書けない

もう一つ記事を書くのが苦痛に感じる原因は、

他の人のブログのように上手な記事が書けない

というものです。

他の人の記事は凄く読みやすいし、読んでいても面白い。
でも、自分の記事を読み返してみると、なんとも読みにくくてしかもとっても幼稚な文章で、読んでても恥ずかしくなってきてしまいます。

人のブログを読めば読むほど自分が情けなくなってしまって、やっぱり心が折れてしまいます。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

私はいまでも自分の記事を読むとへこみます・・・

でもね、自分の記事が面白くなて、他の人の記事は面白いって思うのは、実際にあなたの記事がつまらないからではありません。

その原因は

「書いてあることを知っているから」

なんです。

すごくおもしろかったドラマがあるとします。
初めて観たときはハラハラドキドキしながら観ていました。
でも、そのドラマをすぐに観なおしてみてください。
さっきはあれだけハラハラドキドキしたのに、今度はなんか白けてしまいます。
それは、ストーリーを知っているので次の展開が分かっているからなんです。

それと同じように、自分の書いた記事は何が書いてあるのか知っていますので、ちっとも面白いって思わないんですよね。
だから、あまり「自分の記事はつまらない」って悩まなくても大丈夫です。

また、最初から100点の記事を目指す必要はありません。
いきなり100点を目指してしまうからなかなか自分の記事に納得できなくなってしまう。
でも、最初は50点でもいいんですよ。
最初は50点を目指して次第に55点、60点、65点と上を目指していきましょう。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

わたしだってまだまだ納得できる記事は書いたことはありません

記事を書くことを楽しみましょう

アフィリエイトで記事を書く目的は「成果を出すため」ですよね。
だから記事を書くことはどうしても手段になってしまいます。
だから記事を書くのがつまらなくなってしまいます。

確かに記事を書く目的は「成果を出すため」です。
でも、それ以前に記事を書くこと自分が楽しみましょう。
最初は自分の好きなジャンルに取り組んでみましょう。
自分が好きなことなら新しい知識をインプットするのも楽しくなりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です