アフィリエイトで高額商品が面白いように売れるようになる以外が方法とは?

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

こんにちは!!
主婦アフィリエイターのまりこです。

安い商品は売れるんだけど、高い商品をアフィリエイトしてもなかなか売れない

そんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

実はちょっとだけ切り口を変えてみたり、見せ方を工夫するだけで高額商品でも面白いように売ることが出来るんです。

今回はコピーライティングの視点で高い商品を面白いように売る方法を紹介したいと思います。

アフィリエイトだけでなく転売などの物販系のアフィリエイトにも使えるテクニックですので、ぜひ参考にしてください。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

ヒントはあなたの周りにたくさんありますよ

価格は買う人の価値間で大きく変わる

人の購買意欲と価格にはとても重要な関係があります。
価格が安ければたとえ購買意欲が低くても商品を購入することがあります。

たとえばあなたが自動販売機でジュースを買うときってどんな時ですか?
すごく暑い日で、このままだと脱水症状を起こしてしまいそうな時は迷わず買いますよね。
そういう時は、お財布をわすれてきたとかそういう理由がない限り必ずジュースを購入しようとします。
これは「購買意欲が高い」ということですね。
購買意欲が高ければかなりの確率で商品を購入します。

そういう危機的な状況でなくても飲み物を買うこともありますよね。
例えば、待ち合わせをしているけどちょっと早く着きすぎたので、暇つぶしでたまたまそこにあった自動販売機のコーヒーでも飲もうかなって時もあると思います。
つまり、購買意欲が低いのにたまたまそこに自動販売機があったという理由だけで商品を購入したということです。

自動販売機の飲み物は一般的なモノなら100円から150円位ですね。
では、もし自動販売機で売っているコーヒーが8000円だったらどうでしょうか?
さすがに「暇つぶしに飲もうかな」なんて思いませんよね。

ではなぜ100円ほどのコーヒーは購買意欲が高くなくても購入して、8000円のコーヒーは購入されないのでしょうか。

それは

自動販売機のコーヒーに8000円を払う価値が見いだせないから

なんですね。

当たり前ですよね。
自動販売機のコーヒーに8000円も払う人いませんからね。

ですが、実は1杯8000円のコーヒーでも売れるものがあるんです。
コピ・ルアクってコーヒーご存知でしょうか?
そうです、「ジャコウネコのウンチの中から出てきたコーヒー豆を使ったコーヒー」ですね。

コピ・ルアクはなんと1杯8000円もするそうです。
しかも、そんなに高額なのに結構人気なんですって。

コンビニなら100円ちょっとでコーヒーが買えるのに8000円ですよ。

なぜ8000円のコーヒーが売れるのでしょうか?
それは

そのコーヒーに8000円の価値があるから

なんですね。

価値には2つの意味がある

価値には2つの考え方があります。

一つ目は「絶対的な価値」です。
これは商品を販売する側が決める価値です。

例えば「2時間3000円食べ放題」ってよくありますよね。
どんなに食べてもレジで支払うのは3000円です。
その飲食代の3000円が絶対的な価値です。
つまり、なにがあっても絶対に金額は変わらないということです。

もう一つの価値は「支払う人の価値」です。
3000円の食べ放題でおいしい料理をお腹いっぱい食べて満足しますよね。

冷静に考えてみると、3000円の料理ってすごく高いと思いませんか?
でも、それでも満足したということは、少なくともその食べ放題に3000円の、もしくはそれ以上の価値を感じたということです。

でも、もしその食べ放題が料理が5点しかなかったとか、たくさんあるはずなんだけどずっと品切れでほとんど食べれなかったとか、そもそもおいしくなかったのであれば、3000円損した気分になります。
そういう場合はその食べ放題に3000円の価値がなかったということですね。

このように、支払う人の価値は常に変動するということです。

そして、実際の価格よりも、お客様が感じた価値の方が大きければ、お客様は喜んでお金を払ってくれるんです。

ということは、たとえ高額商品であっても、その商品に価格以上の価値を感じ取ってくれれば「売れる」ということなんです。

そして、その価値は「コピーライティングのテクニック」で簡単に付けることが出来ます。
実際にあなたの身の回りでもそのテクニックが多く使われているんです。

数値を使って価格に価値を付ける方法

では、どんなコピーライティングのテクニックがあるのか紹介したいと思います。

比較対象をコントロールする

あなたならその商品の値段が高いか安いかってどうやって判断しますか?
いろいろとあると思いますが、たとえば何か比較対象があって、それとくらべて安いとか高いって判断することがあると思います。

たとえばある商品の価格を調べたとします。
その商品の価格は1万円でした。

もしなんの事前知識もない状態で1万円の価格をみたら「高い!!」って思いますよね。
でも、事前知識として似たような商品は1万5千円だということを知っていればどうでしょうか。
「1万円なら安いかな」って思いますよね。

このように、なにか比較対象があることで、たとえ高額商品であっても「安い」って思ってもらうことが出来るんです。

では、これをアフィリエイトに応用するにはどうすればいいでしょうか。

たとえば「MARUMITSU スマートベルトmamoro」という腰痛ベルトがあります。

引用元: https://marumitsu-store.jp/?pid=108092717

この腰痛ベルトはなんと12100円もします。

腰痛ベルトのなかではかなり高い方ですね。

一般的な腰痛ベルトなら数千円で買えますので、一般的な腰痛ベルトと比較してしまうと、どうしても高く感じてしまいます。
そこで、比較対象をほかの腰痛ベルトとは別の物にコントロールします。
たとえば腰を痛めて整体に通うための費用と比較するとどうでしょうか?

整体に通うとなると、1回の治療で5000円以上かかりますよね。
また1回の治療で完治することはありませんので、数回火曜必要があります。
仮に4回通えば治療代は2万円かかります。
どうでしょうか?
腰を痛めて治療代に2万円かけるよりも、腰痛を予防する腰痛ベルトを1万2千円で買った方がお得に感じますよね。

このように、価格の比較対象を「ほかの腰痛ベルト」から「整体に通う費用」に変えてしまうわけですね。
つまり、「腰痛ベルトにお金を払う」という意識ではなく「腰痛を予防する」という意識にコントロールすることで、高額な商品であっても「安いな」って思ってもらえるようになります。

付加価値を付ける

商品をてにいれることで得られる付加価値を強調することも、高額商品を売るために有効なテクニックになります。

先ほどの「MARUMITSU スマートベルトmamoro」という腰痛ベルトで考えてみましょう。

たとえば力仕事をする人が腰痛になるとどうなるでしょうか?
腰痛になると当然力仕事が出来なくなりますので、仕事に支障が出ますよね。
仕事内容によってはそれで給料が下がってしまうこともあります。
また、仕事だけでなく普段の生活にも大きな影響が出てきます。

腰痛になれば階段を上るのも大変です。
洗濯物を干すのも大変です。
小さなお子さんがいれば抱っこするのも大変です。

ですが、この腰痛ベルトを買うことで腰痛になるリスクをグッと下げることが出来るようになります。

これが付加価値ですよね。

この付加価値を読者に提示することで「たしかに腰痛になると大変だよね。だったらちょっと高くてもこの腰痛ベルト買って予防したほうがいいかな」って思ってもらえるようになります。

この手法は実際にいろんなところで使われています。
たとえば「結果にコミットします」というキャッチコピーで有名な「ライザップ」です。

引用元: https://www.rizap.jp/

ライザップは会費だけで最低30万もしますので、一般的なジムに比べるとかなり高額な部類になります。
最近はパーソナルトレーニングが一般的になってきましたので、高額な会費も受け入れられるようになってきましたが、ライザップが登場したときはパーソナルトレーニングも一般的ではなく、その高額な会費はとても一般には受け入れられるものではありませんでした。

そこでライザップは、サービスの中身ではなく「ビフォーアフター」を前面に押し出すことと「結果にコミットします」というキャッチコピーで付加価値を付けたわけですね。
その結果、かなり高額な会費にも関わらず、たくさんの人がライザップの会員になっています。

先に大きな数値を見せる

Y!mobile
引用元: https://www.ymobile.jp/store/?ref=gnav

これは心理学では「アンカリング」と呼ばれています。
本命で売りたい価格よりも高い価格の物を最初に見せておくという手法です。

例えば、会員制のサービスをアフィリエイトしようとしたとします。
会員制のサービスの場合、多くの場合複数のプランがありますよね。
最初にそのプランの中で高いプランを紹介するんです。

そして、最後の方で「そのプランがちょっと高いなって思う人は、こちらのお手軽なプランもありますよ」という形で安いプランを紹介します。
そうすることで「最初のプランはちょっと手が出せないけど、安いプランなら何とかなるかな」って思ってもらえます。

提示するのは価格でなくても大丈夫です。
例えば、パートナー紹介サービスであれば在籍会員数や成約率などを紹介します。
「そんなにたくさんの人が登録しているんだ」という認識を持った状態で価格を紹介することでアンカリングの効果を出すことが出来る訳ですね。

このアンカリングを使った手法も一般的によく使われています。

例えば

「定価8000円のところ50%OFFお4000円です」

なんて広告よく見かけますよね。
これもアンカリングを使った手法です。

1日あたりの金額に換算する

これは金額を小さく見せることでお得感を出すためのテクニックです。
たとえば1か月分で1万円のサプリメントをアフィリエイトしようとしたとします。

1万円のサプリメントと考えるとちょっと高いですよね。
そこで、金額を小さく見せるために「1日あたりの金額」に換算してしまうのです。

1万円を1日あたりにすると333円になります。
333円ならタバコ1箱分程度ですので、それほど大きな出費ではないかなというイメージを持ってもらうことが出来ます。

まとめ

そのままストレートに金額を提示するととても買ってもらえないような商品でも、ちょっとしたテクニックをつかうことで「それ安いね」って思ってもらうことが出来るようになります。
このように、ビジネスはちょっとした工夫だけで成果が大きく変わってきます。

あなたのブログのキャッチコピーもちょっと見直してみてはいかがでしょうか?

以上ですが、参考になれば幸いです。
まりこでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です