アフィリエイトに必要なスキルは集客スキルとコピーライティングスキルのどちらが重要?

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

こんにちは!!
主婦アフィリエイターのまりこです。

アフィリエイトで成果をより大きくしていくためにはいろんなスキルが必要になってきます。
その中でももっとも大切だよと言われているのが

  • 集客スキル
  • コピーライティングスキル

の2つですね。

ですが、よく私のところに来る質問に

「どちらのスキルを先に身に付ければいいのでしょうか?」

とか

「どちらのスキルの方が重要でしょうか?」

という物があります。

また、業界全体でもどちらのスキルの方が重要なのかと議論されることが多くなってきています。
それだけ、この2つのスキルが重要だということですね。

ただ、この答えって出ないんですよね。
卵が先か鶏が先かの議論と同じで、人それぞれ重要視している部分が違います。
はっきり言ってしまえば、その答えを出すこと自体無駄なことなのかもしれませんね。

しかし、今回はそこをあえて「どちらのスキルが重要なのか」という視点で、私なりに考えをお話ししてみたいと思います。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

あくまで私の考えですので、これが正解というわけではないです

集客スキル vs コピーライティングスキル

結論から言ってしまうと、私は「コピーライティングスキル」の方が重要だと思います。
正確には少し前まではどちらかというと集客スキルの方が重要でしたが、最近は特にコピーライティングの方が重要視されてきています。

というのも、私がアフィリエイトを始めたころは、どちらかというと「集客スキル」の方が重要だと感じていたからです。
しかし、最近はいろんな事情が変わってきており、集客スキルよりもコピーライティングスキルの方が重要ではないのかと思っています。

なぜ集客スキルよりコピーライティングスキルが重要と考えたのか?

まず、大前提として、アフィリエイトで成果を出していくためには集客スキルもコピーライティングスキルもどちらも重要です。
これは、どんなに時代が変わろうとも変わることのない事実ですね。

そのうえで、どちらを先に身に着けるべきかというと、私はコピーライティングスキルだと思います。
その理由は

  • 検索する人が賢くなってきた
  • Googleのアルゴリズムが記事の質を重視してきた

という2点です。

検索する人が賢くなってきた

こんな書き方をするとちょっと誤解を生みそうですが、検索するひとも1つのサイトを見て商品を購入するのではなく、いろんなサイトを見てからどの商品を買うのか考えるようになったということです。
これは、アフィリエイターが増えてきたというよりも、自分のブログで気軽にアフィリエイトが出来るようになってきたためです。

ちょっと前までは、商品レビューをしてもその記事にアフィリエイト広告を設置しない人がたくさんいました。
そういう人は、アフィリエイト目的というよりも、純粋に趣味としてのブログを書いている認識が強いためです。
ですが、最近はそういう人でも「ちょっとしたお小遣い稼ぎ」感覚でアフィリエイト広告を設置するようになってきました。

その為、どのブログからでも商品が購入できるようになったということですね。

では、検索した人はどのブログから商品を購入するのでしょうか?
それは、

いちばん参考になったと感じたブログから

なんです。
もちろん、検索した人が意識的に「この人のブログから買おう」って思うわけではありません。
アフィリエイトのことを知らない人は、ブログを書いた人に報酬が入るなんて知りませんからね。
ただカタログの内容を転記したような記事よりも、実際にその商品を購入してみて、自分の言葉で感想を書いているような記事から購入することが多くなります。

ということは、人の心を動かす文章を書けるようになる「コピーライティングスキル」が重要になってきますね。

Googleのアルゴリズムが記事の質を重視してきた

最近Googleの検索アルゴリズムが変更になる(アップデートされる)ことが多くなってきています。
その度に「いままで上位表示されていたのに、一気に圏外に飛ばされてしまった」なんて悲痛な叫びが聞こえてきますね。

それが原因か分かりませんが、最近では「アフィリエイトは稼げない」なんて話も出てきています。
でも、実際には私含めて今までと変わらずアフィリエイトで稼いでいる人はたくさんいます。

https://marikosasa.com/wp-content/uploads/2019/10/marikonokao.png
まりこ

もちろん、多少の変動はありましたけど・・・

一気に圏外に飛ばされた人と、今までと変わらず稼げている人の違いは「どうやって上位表示させていたか?」の違いですね。

例えば、外部リンクなどでブログパワーを付けていた人は、最近のアップデートでことごとく圏外に飛ばされました。
でも、そういう方法ではなく、記事の質を高めてブログパワーを付けていた人は、多少の変動はあったにせよ、それほど大きな影響は受けていません。

つまり、あの手この手と集客に力を入れるよりも、記事の質を高めていった方が結果的に成果につながるということなんです。

コピーライティングの先に集客がある

特にブログを立ち上げた直後でブログパワー(ドメインパワー)が弱い場合、どんなにSNSなんかで集客を行っても記事をしっかりと読んでもらえなければブログパワーは上がりません。
ブログの滞在時間が短ければSEO対策的にも逆効果ですからね。

集客を頑張って100人のアクセスを無理やり集めてGoogleに低評価を受けるより、1人にアクセスしてもらってじっくりと記事を読んでもらった方がGoogleには高い評価を受けることが出来ます。
すごく地味だとは思いますが、そういう小さな評価の積み重ねが大きな評価へとつながります。
そして、大きな評価になった時、一気にアクセスが集まりますので、私の考えとしては「コピーライティングの先に集客がある」と思っています。

そもそも、SNSとか使って無理やり集客して付けたブログパワーって、Googleのアップデートで一気に圏外に飛ばされる原因なんですよね。
それよりも、地道に積み重ねていったブログパワーであれば、Googleのアップデートに影響されずに上位表示させ続けることが出来るのだと思います。

この辺は下記のリンクが参考になると思います。

【キーワード選定)初心者におすすめなキーワードとは?

コピーライティングはどうやって身に付ければいいのか?

では、コピーライティングのスキルってどうやって身に付ければいいのでしょうか?

一般的には「コピーライティングは難しい」という印象が強いと思います。

「私は国語は苦手だったから・・・」

そういう人も多いのではないでしょうか?

コピーライティングって誤解されがちですが、コピーライティングは「正しい日本語を書くスキル」ではないんです。
コピーライティングは

「いかにして人の心を動かす文章を書くか」

というスキルんですね。

ですので、決して難しい文法を覚える必要はないんです。
コピーライティングは「手法」なんです。
ですから、難しい文法を覚えるのではなく、「こういく書き方をするといいですよ」というテクニックを学ぶことになります。

例えば、今回の記事にもコピーライティングの手法が使われていますが分かりますか?

それは

結論は最初に書く

というテクニックです。

今回の記事のテーマは「アフィリエイトに必要なスキルは集客スキルとコピーライティングスキルのどちらが重要」でしたね。
国語の授業で教わった「起承転結」のルールに従うのであれば、記事の最後に結論を書きます。

でも、私はあえて記事の冒頭で「私は「コピーライティングスキル」の方が重要だと思います。」と結論を書きました。
これもコピーライティングの手法のひとつなんです。

国語の授業では文章を書くときは「起承転結」で書きなさいって教わったと思います。
つまり、結論は最後に書きましょうってことですね。
もし、今回の記事が国語のテストなら、きっと悲惨な点数だったと思います。
結論を先に書いてしまったこともそうですが、文法としても正しくない部分が多いですからね。
それはともかく、国語の授業で「起承転結で書きなさい」と教わっていますので、多くの人は意識しているにせよ、無意識にせよ結論を最後に書くことが多いです。

また「起承転結」を意識したわけではなく、別の理由で意識的に結論を最後に書く人もいます。
例えば、下記のサイトを見てください。

参考 【徹底比較】市販青汁のおすすめ人気ランキング25選mybest 青汁・ケールおすすめ情報サービス

タイトルは「【徹底比較】市販青汁のおすすめ人気ランキング25選」ですね。

このタイトルでアクセスする人が知りたいことはなんでしょうか?
それは

「どの青汁が人気なのか知りたい」

ですね。
それが検索する人の「意図」になります。

ですが、実際に記事を見てみると、最初に「青汁の選び方のポイント」が長々と書かれています。
やっとポイントが終わったと思ったら今度は「売れ筋の人気青汁全25商品を徹底比較!」というタイトルで、どんな内容で比較しているのかが、これまた長々と書かれていますね。
それがおわってやっとランキングに入りました。

はい、私なら最初の「青汁の選び方のポイント」の途中でこの記事を読むのを止めますね。
だって、私が知りたいのは「どの青汁が人気なのか」ということで、選び方のポイントなんて別に知りたくないからです。
記事の内容は専門家さんが書いたこともあり、すごくわかりやすいのですごく勿体ないですね。

なぜこんな書き方をしているかというと、本題に入る前に副題の記事を読ませて滞在時間を延ばそうという戦略があるからです。

これはマーケティング手法としてはごく一般的な手法なんです。
例えば薬局でときどき「卵1パック80円」なんてセールやってますよね。
で、卵を買いに行くと、セールの卵は店の一番奥に置いてある。

実はあれは戦略的に店の奥に置かれているんです。
店の奥に目玉の商品を置いておくことで、その道中の商品が目に入ります。
そうすると「せっかく来たんだからついでにこれも買って行こう」ってなり、卵以外の「高い」商品も買ってもらうことが出来るんです。

ブログでは結論を最後に書くこはこんな意図が隠されています。

途中に設置されている広告を見てもらいたい
途中の記事をよんで滞在時間を延ばしたい

ですが、先ほども書きましたが、残念ながらブログではこの意図は達成できません。
だって、知りたいのは「どの青汁が人気なのか」ですからね。

つまり、ブログの世界ではこのマーケティング手法は逆効果なんです。

「どの青汁が人気なのか」を知りたい人を満足させるためには、記事の最初にランキングを載せましょう。
そうすることで、検索した人が別のサイトへと流れることを防止することが出来ます。

結論を先に書いたら滞在時間が短くなる?

ただ、結論を先に書いてしまうと逆に滞在時間が短くなるんじゃないかって心配になる人もいます。
実は逆なんですね。
結論を先に書くことで、逆に滞在時間を延ばすこともできるんです。

人間って一つの疑問が解決されると、新しい疑問が生まれて来るんですよね。
もしあなたがランキング1位の青汁を知ったとします。
それで当初の目的である「どの青汁が人気なのか?」という疑問は解決できました。
その結果「なんでその青汁が人気なんだろう?」って疑問が産まれてきませんか?

そうなんです。
「一つの疑問が解決されたら新しい疑問が産まれる」という心理的特性を利用するわけですね。
先ほど紹介したブログでも、最初にランキングを紹介してから「青汁の選び方のポイント」を紹介すればもっともっと精読率を上げることが出来ると思います。

まとめ

上記で紹介したテクニックはコピーライティングのテクニックのひとつに過ぎません。
でも、そのテクニックを1つ知っているだけでも、大きな変化になりますよね。

このようにコピーらいぃんぐは人の心理に訴える物なんです。
記事を読むのも読まないのも人の「こころ」次第ですから、その「こころ」を変化させるコピーライティングスキルを身に着けることで、あなたのブログは「価値のあるブログ」だって思ってもらえるようになるわですね。

ちなみに、私は下記の教材でコピーライティングを勉強しましたね。
コピーライティングの教材は一般的にすごく高いですが、その教材はすごく安いので買いやすいですし、内容もアフィリエイトに特化したものですので、凄く参考になります。

The Million Writing

以上ですが、参考になれば幸いです。
まりこでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です